トップイメージ

New Collection Release

++ Profile ++

・name
亜矢
・birthday
19☆9/1/14
・blood
RH+ O
・好きなこと
ビーズアクセサリー作り、夜のドライブ、ダックスフンド、本を読みながらの長風呂、本屋のはしご、美術館 めぐり。
・苦手なこと
アウトドア、図書館で静かにしてること。
・music
70年代初期のファンク、ブルース、ロック、クラシックソウルミュージック、特に黒人音楽が好きかも。
最近は歌謡曲のナツメロもよく聴いてる。
・続けてしてること
ジム通い、キューサイの青汁
・すぐやめたこと
陶芸(回ってるろくろを見て目が回った)パラグライダー(地に足がついてないのって、なんだかとっても苦手だという事に気がついた)
・好きなもの
女性の美に関することほとんど全て、ビーズ、マスカラ、コスメ、香水、お香、紅茶、薄ピンクのチューリップ、
絵画(特にゴッホ、ダリ、ロートレック、ドガ、など)ジャン・ポール・ゴルチェ(→崇拝している)
・苦手なもの
実は絵が描けない。
その事にひどくコンプレックスを感じている。絵がうまい人は、全員尊敬に値する。お酒。
(お酒が飲めればどれほどいいか、と渇望するものの具合が悪くなるだけで、全く飲めず・・・)
・経歴
高校卒業後、東京のバンタンデザイン研究所に入学。その後、アパレル関係の仕事に。

22~23才位のころ、突如渋谷西武のエスティーローダーのお姉さんに心を奪われた。
そのあまりのメイクのうまさに。それはまさにアートの世界だった。

ヒマさえあれば、足しげくお姉さんのいるカウンターに通い、メイクのテクニックを教えてもらった。
が、しかし、それだけでは飽き足らず、メイクの理論的なことまで知りたくなってしまう。
例えば、"顔"という立体の構造とか。そんなこんなで、原宿の"アトリエブラッシュ"というメイクの学校に入学してしまった・・・。
その時の先生がすばらしくて、無駄のない説明やヒントなど、本当に沢山のことを教えてくださった。

その後、突然ロンドンに留学してみる気になり、(ちょっくらロンドンに行って来るか)というノリで行ってしまい、そのまま3年近くもロンドンに住んでしまう。当時、語学学校で教えてくれた先生が、これまた良かった。今まで教わった全ての先生の中で最高の先生と言える。その先生の授業を一時間でも落としたくなくて、必死に学校に通った。その先生をがっかりさせたくなくて、必死に勉強した。

思い返してみると、私は、必死になって何かを学ぼうとした時に、毎回、大変に良い人に出会っている。
その方々のお陰で深く、楽しく、学ばせてもらい、それが現在でも私の中に残っているのだ。

そして、ロンドン在住時、突然ビーズアクセサリーに出会う。
・ビーズアクセサリー
ロンドンの語学学校に通っていた頃、同じクラスに日本人の女の子がいた。
その子がある日、私に誕生日プレゼントだと言って、彼女が作ったブレスレットとリングのセットをくれた。もともとアクセサリーが大好きだった私は、
(自分で作れるなら、私が持ってる全ての服にあつらえた様なアクセサリーを自分で作ることができる!)と思い、作り始めたのがきっかけ。

今でこそビーズ作りの本なんてものすごくいっぱい出てるけど、当時はとても少ない上に、住んでる所はロンドン。パソコンも持ってないし、で、レシピなんてほとんどなかった。それからは、既製品のアクセサリーを分解して編方を研究したり、しげしげとデパートのアクセサリー売り場で使用されてる金具の使い方を研究したり。ものすごい勢いで自分用のアクセサリーを作った。

それが私の周りのイギリス人にウケてしまい、ロンドン市内の雑貨屋さんに置かせてもらうことに。
そんなことがビーズアクセサリーを作りはじめたきっかけなんです。